元祖育毛剤と進化した育毛剤

育毛剤には様々な種類があります。
それらは主に成分によって分けられることが多いです。

その中でもAGA、つまり男性型脱毛症に効果があるとされている成分としては、ミノキシジルと塩化カルプロニウムです。
これらは頭皮に塗るタイプの育毛剤です。
他にもフィナステリドという成分が含まれている飲むタイプの育毛剤もあります。

元祖育毛剤と言われているのはミノキシジルが成分として含まれているものです。
ミノキシジルというのはアメリカの製薬会社が開発しました。
この成分は、毛細血管を拡張することができて、その結果として血圧を上げることができる薬として用いられていました。
それが、患者の中に毛が生える人が出てきたので、育毛剤の成分としても注目されるようになったのです。

臨床検査によっても、ミノキシジルを使用した人の3割が何らかの効果が見られたという結果が出ていて、1割の人は髪の毛が完全に回復したというデータがあります。
そのため、ミノキシジルが成分として含まれている育毛剤が発売されるようになったのです。
ただし、副作用があるので、気軽に手を出さないほうが良いとも言われています。

最近では、これ以外の成分を用いた育毛剤も登場しています。
たとえば、フィナステリドという成分が含まれている育毛剤も出ています。
こちらの方は効果の高さがかなり大きいと言われているのです。
臨床試験によっても、この成分によりどんどん髪の毛が生えてきたというデータが得られています。

このように現在では、数年前よりもどんどん育毛剤というのは進化をしています。
昔育毛剤を使用したけど全然髪の毛が生えてこなかったという方も、今の育毛剤を使用することによって、髪の毛が再び生えてくる可能性があるかもしれません。
是非とも、進化した育毛剤の効果を実感してみて下さい。

インターネットなどで調べてみることにより、現在どのような育毛剤が発売されているのかというデータを得ることはできます。
是非とも試してみましょう。

Copyright (C) 2013 自分に最適な育毛方法 All Rights Reserved.